環境問題と新規事業
水性フレキソ・水性インキ 大日精化インキ・TOYOインキ
水性インキは水のみを使用することが理想ですが、プラスティック基材へ印刷する場合、乾燥速度や印刷効果の観点から水とアルコールを使用しております。水は臭いも環境や健康への影響もなく無害です。フレキソ印刷では希釈をほとんどおこなわず印刷が可能ですので、排出される溶剤分(アルコール量)が軽減できます。また、インキは高濃度に設計されており、アニロックス深度を浅く高線数の印刷が使用できます。その結果、きめ細かな画像が表現できます。
スイセイ君

環境にやさしいインクの使用 SOYインキ
大豆インキを使用することは、世界環境を考える上で企業として重要であると私達は考えます。また技術的な部分でも、石油ベースのインキよりも優れている部分も研究されています。印刷行程の点でも、大豆インキは乾燥する際、揮発性有機化合物ということがなく、それに関わる作業員の健康にも安全であるという点も重要です。

環境問題についての姿勢
環境に対する影響を考え、印刷時のヤレ紙等のリサイクル、PP原反・PS原反のリサイクル、ビンのリユースなどを積極的に行います。また企業としても緑化基準を守り会社敷地内の緑化に努めています。
廃紙リサイクル
印刷での損紙、その他加工での損紙をシュレッダーにかけ、粉砕・集積し自社便でのリサイクルを行っています。
廃紙リサイクル

PP・PSリサイクル
成型にて排出される原反は社内にてPS・PPに分けて粉砕・集積され、リサイクルされます。
PP・PSリサイクル
プライバシーポリシー サイトマップ Copyright(c) MARUFUKU co.,ltd 2006 All Rights Reserved